令和4年度 部長 岡崎 紘久(おかざき ひろひさ)

令和4年度福山北商工会青年部の部長を務めさせていただくこととなりました岡崎です。
テーマに掲げた「日々是新(ひびこれあらた)」は松下幸之助の著書にも出てくる言葉で、「その日の苦労は1日にして足れり」と著書の中で表現されているように、過去を引きずらず一日一日を新たな気持ちで臨んでいく、というような意味があります。
新型コロナウィルス感染症の流行が始まって3年近くが経とうとしています。青年部活動のみならず、各事業所におかれましても事業活動が制限され、もどかしい日々を送られていることと思います。
しかしながら、行動が制限されているとは言え、世界は進み続けており日々変化していますので、いつまでもコロナをはじめとする辛く暗い過去は引きずらず、その過去の上に立って新しいことに新しい気持ちで日々挑戦していくことが大切だと考えています。
現在の青年部は以前と比べると全体の部員数は減少してきていますが、それでも毎年新入部員を迎え、若く新たな力が加わっています。今年度はベテランと若手の力をうまく融合させ、変わり続ける世界の中で日々新しいことに挑戦する1年となるよう、福山北商工会青年部部長として精一杯頑張りますので皆さまお力添えをお願いいたします。
最後になりますが、松下幸之助の名著「道をひらく」に出てくる私の大好きな言葉で締めくくりたいと思います。
「さあ、みんな元気で新しい日々を迎えよう」